BTOと自作PCだとどっちがお得?コスパ最強は?

BTOと自作お得なのは?

パソコンを購入する際に、
なるべくお得にパソコンを買いたいと
誰しも思うかと思います。

決して安い買い物ではないので、
損だけはしたくないですよね。

通常は、どのような作業をしたいかなどを
考えてパソコンを選ぶことを
私は推奨をしています。

ただ今回は、
"BTOパソコン"と"自作パソコン"の
どちらがお得なのかを解説していこうと思います。

先に結論からお伝えしますと
人によって変わってきますが、
おおむね"BTOパソコン"の方がお得だと
私は考えています。

BTOパソコンと自作パソコンの違い

では実際にBTOパソコンと自作パソコンの
何が違っているのかを
メリットとデメリットを見ながら
お届けしていきます。

BTOパソコンのメリット
・自作よりもコストが安い場合が多い
・自分でパソコンを組み立てる必要がない
・分からないことはメーカーのサポートを受けられる
BTOパソコンのデメリット
・パソコンの拡張性が少ない
・パーツのメーカーを指定することがあまりできない
・故障した場合、手続きが面倒

コスパは最高!ただ個性は出しづらい?

BTOパソコンのメリットとデメリットは
いかがでしょうか。

BTOパソコンは一般的に、
組み立てをしているメーカーが
部品を大量購入している分、
金額が安くなっている場合が多いです。

逆にコストを落とすために、
部品のメーカーを指定したりなど
細かい注文ができないのが
デメリットになります。
(これについては別の機会で
詳しく説明したいと思います)

ただ、パソコンのことが
あまりわからない人にとっては
サポートも受けれるし、

故障した際も、
手続きが少し面倒くさいだけで
しっかり配送手続きもすれば

修理もしてくれるので便利です!

配送手続きイメージ

自作パソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンでは主にサポート面であったり
コスパ的な部分がメリットでしたが、

自作パソコンは真逆で、
自由度の高さがメリットの
一つとして大きく挙げられます。

自作パソコンのメリット
・パソコンの知識がつきやすい
・拡張性が高い
・自分の好きなパーツでパソコンが作れる
・故障したときにはパーツを買うだけで済む
自作パソコンのデメリット
・BTOパソコンと比べるとコストが高め
・故障した際は自分で対処しないといけない
・PCを組み立てる手間がかかる

自由度は無限大!パソコンに詳しくない人には厳しいかも?

自作パソコンの大きなメリットといえば、
拡張性が高いことが挙げられます。

自分が作りたい構成で
自分が気に入ったパーツを使って
組み立てることができる。

自分のパソコンに愛着を
持つことができるのも
書いてはいませんが
メリットだと思います。

逆にデメリットとしては、
メーカーのサポートが受けられなかったり、

パソコンを組み立てる際に
どうしてもBTOよりも
高くついてしまうことが挙げられます。

パソコンにある程度詳しくないと
故障した際に苦労するかもしれません。
(詳しい人は逆にメリットになります)

最後に

では結局、どのような人がBTOパソコンを選び、

どのような人が自作パソコンを
選べばいいのかをシーン別に
紹介をしていきたいと思います。

あくまで個人の主観になりますので、
参考程度に見ていただければ幸いです。

BTOパソコンが向いている人
・自作よりも安く購入したい人
・メーカーのサポートを受けたい人
自作パソコンが向いている人
・パソコンのパーツにこだわりたい人
・故障しても自分で対応する自信のある人

ぜひとも自分のタイプに合わせて選んでいただければと思います。

こんな記事も読まれています